宮崎徹教授セミナーのお知らせ

ウイルス・再生医科学研究所セミナー

ウイルス感染症・生命科学先端融合的共同研究拠点セミナー

________________________________________

演題: 血中タンパク質AIMによる生体内異物除去機構を基盤とした

新しい疾患治療パラダイム

演者: 宮崎 徹 教授 東京大学大学院医学系研究科

日時: 2017年6月7日(水)16:00 〜 17:30

場所: 京都大学ウイルス再生研2号館(旧ウイルス研本館)1階セミナー室 

________________________________________

生体内では、細胞の癌化や細胞の死、過剰な脂肪蓄積やタンパク質の変性など、生体にとり好ましくない、さまざまな異常が常に発生している。このような異物・不要物は通常マクロファージを始めとした貪食細胞によって速やかに除去され、組織の修復が誘導されることにより、生体の恒常性は維持され、疾患発症が制御されていると考えられる。私たちは、血液中に存在するAIM(文献1,2)が、貪食細胞による異物認識とその速やかな除去の要として働き、それが脂肪肝、肝細胞癌や急性腎障害(AKI)の抑制や治癒において重要な役割をはたしていることを見出した。通常、血中のAIMは脂肪細胞や肝細胞内に取り込まれ、脂肪蓄積を阻止し肥満や脂肪肝のブレーキになっている(文献3)。しかし興味深いことに、肝細胞が癌化するとAIMは取り込まれることなく細胞表面に蓄積し、速やかに細胞壊死を誘導する。この癌細胞除去機構により、AIM存在下では肝臓癌の発症が抑制されている(文献4、5)。一方、AKIでは、壊死した近位尿細管上皮細胞(デブリ)が尿細菅腔を閉塞し、糸球体濾過機能低下や炎症を惹起し腎機能を悪化させることが特徴であるが、私たちは、AIMがデブリの迅速な除去とそれに続くAKIからの回復を促す鍵となることを明らかにした。さらに、精製したAIMを投与することによって、AKIからの顕著な回復を促すことに成功した(文献6)。興味深いことに、こうしたAKIに伴うAIMの活性化がネコでは生じず、そのことがネコにおける腎不全の高発症率の原因であることも証明した(文献7)。すなわちネコの腎臓病はAIM投与により確実に治療し得る可能性が高い。今回の講演では、こうしたAIMによる異物認識・除去機構が、生活習慣病や肝臓癌、腎臓病、さらに多くの難治性疾患の新しい治療法となる可能性について、ヒト患者のデータも含め討議したい。

【参考文献】1) Miyazaki et al., J. Exp. Med. (1999) 189: 413. 2) Arai et al., Cell Metab. (2005) 1: 201. 3) Kurokawa et al., Cell Metab. (2010) 11: 479. 4) Maehara et al., Cell Rep. (2014) 9: 61. 5) Ozawa et al., Genes Cells (2016) 21: 1320. 6) Arai et al., Nat. Med. (2016) 22: 183. 7) Sugisawa, Hiramoto et al., Sci. Rep. (2016) 6: 35251.

________________________________________

主 催:京都大学ウイルス・再生医科学研究所

世話人:附属感染症モデル研究センターウイルス共進化分野 宮沢孝幸(TEL: 075-751-4814)

小動物ウイルス病研究会 設立のご案内

設立趣旨

犬や猫などの小動物は近年、伴侶動物として我々の生活や社会にとって欠くことのできないものになってきています。これに伴い、より専門的で、かつ広範囲な領域をカバーする獣医療が必要となり、これに対応するために大学や各種学会、研究会等を通じて専門的な教育や情報交換が盛んとなってきております。しかしながら、ウイルス病に関しては研究者と臨床獣医師ならびに医療関係者の間で最新の情報を交換し、共有できる場があまりにも少ない現状です。

そこで、小動物ウイルス病の病因、診断、治療、疫学及びワクチンをはじめとした予防について、臨床獣医療が抱えている問題点や疑問点を議論する場を提供することを目的とした研究会‘小動物ウイルス病研究会’を設立させていただくこととなりましたので、ご報告申し上げます。本会がわが国の獣医療の発展に寄与できることを信じてやみません。

 

 会名称  小動物ウイルス病研究会

(英名 Academic Society for Companion Animal Viral Diseases

 

 対象動物  犬、猫、兎、フェレット、小鳥などの伴侶動物並びにそれらに影響を及ぼす可能性のある動物(野生動物など)

 

 対象病原体及び疾患

ウイルス及びウイルス感染症を主な対象とします。なお、呼吸器病や下痢症などを起こすウイルス以外の病原体についても、議論が必要な場合はあわせて検討します。

 

 活動内容

本会独自の研究会・セミナーの開催(年1回以上)

教育講演(総説) 1題、臨床事例検討 23、研究発表(新事実の紹介)12

  臨床で遭遇した事例や蓄積された臨床データを発表していただき、専門家を交えて出席者全員で疑問点を解決していきます。

他の研究団体とのコラボレーションによる開催

内容は協力いただく団体とその都度決定します。開催の頻度についても未定です。

 

 会費、賛助金、参加費について

当面は会員募集せず、年会費や賛助金のご請求はありません。なお、研究会開催時には会場費及び運営費として参加費を徴集させていただく予定です。

 

 会役員  【会  長】 望月雅美 (前鹿児島大学、現在日本獣医生命科学大学客員教授)

【副会長】 宮沢孝幸 (京都大学)     佐伯潤 (くずのは動物病院)

【幹  事】 坂口翔一 (東京農工大学) 相馬武久 (マルピー・ライフテック株式会社)

 

 会本部  京都大学ウイルス研究所 附属感染症モデル研究センター

(〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53

会ホームページ  uiken.jimdo.com

会専用メールアドレス  uiken.vetgmail.com